NonStageTheater - 河合達人自己紹介

NonStageTheater企画者かたわれの
河合達人(かわいたつと)です。
よろしくお願い致します。
生まれは埼玉県草加市、親の都合で引っ越しが多いので
「埼玉生まれ、北海道・静岡育ちです」と言う事が多いです。
中学は「ジュビロ磐田」の静岡県磐田市、
高校は北海道室蘭市です。実家は今室蘭にあり、
安田顕の実家が近くです。

私は大学では音楽科に所属し、作曲を勉強しています。
音楽の道に進もうと決めたのは高校2年生のときです。
幼稚園のころよりピアノを習っていて、
クラシック音楽が自分の生活の一部であったのですが、
その頃はまだ「趣味の一部」でした。
ただ、「クラシック音楽以外は音楽じゃない」と
なぜか本気で思っていました。
そんな私が中学生の時、風邪をひいて寝込んでいたある日、
叔父がくれた槇原敬之のCDを暇つぶしに聞きました。



J-POPは聞かず嫌いだったのです。クラシックに比べて
ガチャガチャと音がする音楽だという認識しかなくて…。
でも、その時聞いた槇原さんの曲は、「美しい」と思いました。
美しいものはクラシックだけじゃないんだと。
結局僕の「音色」の世界が狭かったのです。
ピアノの音やオーケストラの音色だけが音楽じゃない、
もっと奇麗な音は生み出す事が出来る!
初めて自分が自分で好きになった音楽を目指すようになり、
コンピュータを使用しての作曲を独学で始めました。
高校に入ってから、友人に誘われ演劇部に入部させられ(笑)ます。
それをきっかけに、劇音楽も書くようになります。
演劇も時間軸を使った芸術で、そういう点では
音楽と一緒でとても勉強になりました。

ここまでくると、「もっと理論的に音楽を勉強したい」と
思うようになり、大学で音楽を志望し、音楽の道に進む事を
決意しました。



作曲と演劇は似ています。だから演劇にハマると
抜け出せなさそうな気がして(笑)、大学では演劇から
手を引いておりました。ただ、今回「西区DEアート」として
みなさんをマネジメントする立場として
手塚から声をかけてもらい、参加しています。

というわけで私は音楽、特に作曲の立場から
西区DEアート、NonStageTheaterに参加します。 よろしくお願い致します。

河合